輝く女性のヒミツ

デキる女は、ちょっと違う!
知っているとスゴイ、おばあちゃんの知恵袋的裏ワザ

シンクが小麦粉でピッカピカに!?

シンクが小麦粉でピッカピカに!?

油汚れや水アカ、食品の残りカスなどで汚れてしまうキッチンのシンク。ステンレスを傷つけずに、手軽に掃除したい人におすすめなのが小麦粉と酢です。同量ずつ混ぜて、ペースト状にしたものを布やスポンジにつけて磨くと、汚れが取れてキレイに! また、シンク掃除には他の余り食材も活用できます。飲んだ後のお茶パックで磨けば、茶がらの成分が油汚れを分解してすっきり。さらに大根の切れ端、みかんやレモンなどの柑橘類の皮で磨いても、光沢が出てピカピカになります。

ありえないけどすごく効く!‘ケチャップクレンザー’!

ありえないけどすごく効く!‘ケチャップクレンザー’!

ステンレスや銅製の鍋、フライパンなど調理器具の焦げつきには、ケチャップが活躍! 少量のケチャップをたわしやスポンジにつけてこすると、ケチャップに含まれる酸が焦げや黒ずみを落としてくれます。また、重曹もおすすめです。焦げついた鍋に水と重曹を入れて煮立ててから冷めるまで放置し、ふやかしてから洗いましょう。米のとぎ汁を鍋に入れて一晩置いても、焦げが剥がれやすくなります。アルミ鍋の黒ずみには、レモンやりんごの皮、酢など酸性のものを煮立てるとキレイに!

ベタベタにも小麦粉攻撃!時短&キレイ★

ベタベタにも小麦粉攻撃!時短&キレイ★

ベタベタとした換気扇の掃除は、面倒だからと放置している方も多いのでは? しつこい油汚れも小麦粉を使えばすっきり! 取り外した換気扇を新聞紙の上に置き、茶こしなどを使って小麦粉をまんべんなくふりかけましょう。しばらく放置すると、小麦粉が油を吸着して汚れが浮き上がってきます。ぽろぽろと固まった小麦粉を落とし、熱湯に浸した雑巾で拭き取るときれいになります。料理に使った小麦粉や、賞味期限切れの小麦粉を利用すれば一石二鳥です。

飲み残しのビールが役立った!油汚れをツルツルに♪

飲み残しのビールが役立った!油汚れをツルツルに♪

ガスコンロまわりの油汚れには、飲み残しのビールや発泡酒を有効活用しましょう。アルコール分には油を分解する効果があるため、布にビールを含ませて拭くと油汚れが落ちるのです。重曹や酢、みかんの皮などでも油汚れを落とせますが、頑固なこびりつきには、卵の殻がおすすめ。細かく砕いた卵の殻をスポンジにつけてこすると、研磨剤のような役割を果たしてくれます。頑固な油汚れに悩まされる前に、こまめな掃除を心がけましょう。

悪臭は、コーヒーの“でがらし”が解決☆

悪臭は、コーヒーの“でがらし”が解決☆

キッチンで気になる生ゴミの嫌なにおいは、普段捨ててしまうコーヒーかすを再利用することで解消! コーヒーかすは、脱臭剤として使われる活性炭と似た多孔質の構造なので、嫌な匂いを吸着してくれるのです。新聞紙などに広げて、しっかりと乾かしたコーヒーかすを生ごみの上にかけましょう。生ごみだけでなく、冷蔵庫内のにおい対策にも使えます。また、除菌・消臭効果のある酢を生ごみにふりかけても、悪臭を和らげることができます。

油汚れ、水アカ、においがたまりがちな台所は、料理を作る場所だからこそ、清潔に保っておきたいもの。今回は洗剤を使わなくても、家にある身近なアイテムでピカピカになる技をご紹介しました。お財布や環境に優しく、なおかつ安心して使える知恵を真似して、気持ちのいい台所を目指しましょう!